ヴィンテージの味わいをひとつずつ職人の技で再現。
焼き物の豊かな表情を堪能できる外壁タイル「ヴィンテージ・フィール」

住宅用外壁タイルというとどこかプレーンでコンサバティブなイメージが強いかもしれません。

住宅外壁にもデザイン性を意識し、これまで平田タイルでは海外のタイルデザインを和と融合させたり、独自の特許工法の開発など先駆的な製品を生みだしてきました。

中でも“ヴィンテージ・フィール”シリーズは、特にこだわりの強いシリーズです。

その名の通りヴィンテージ感あふれる特徴を持っていますが、この風合いを出すには人の手を介したプロセスが存在しています。

「土をあやつる」と、言われるタイルづくり。
それは、ひとつずつ異なる表情を仕掛ける職人のマジック。

ヴィンテージ・フィールのタイルは、限られた山でしか採れない土を使い、いくつもの工程を経て、じっくりと焼き上げていきます。

そして、通常のタイルにはないプロセスが加わります。

タイルの表面や側面に凸凹の穴が開くようにしたり、手でわざわざ粉をこすりつけたり、形状や太さが不揃いの釘で引っ掻いて模様を描いたり…それゆえに、一点、一点、全ての表情が異なり、同じものは二つとありません。

そしてそれが品格のあるヴィンテージ感を放つ風合い、独特の温かみや味わい深さを醸し出しています。

外壁タイルという工業製品でありながらハンドメイド風の不揃いな趣きや豊かな面状を堪能していただけるシリーズです。

そして2020年ヴィンテージ・フィールに2つのシリーズが加わりました。

悠久の時を経たかの様なヴィンテージ感を再現した外壁タイル
ruiz_30.jpg

RUIZ_30

ルイズサーティー
ruiz_50.jpg

RUIZ_50

ルイズフィフティー

今夏、新たに登場するのは「ルイズサーティー」と「ルイズフィフティー」。タイル表面や縁に骨材で凹凸をつけ、さらに職人の手によってひとつひとつにパウダーを施すことで自然に風化させた様なヴィンテージの風合いを美しく表現しています。

名前の由来となったRuins=遺跡 の様にあたかもずっとそこにあったかの様な風格を醸し出しています。焼きものならではの色むら、職人の手仕事をそのまま外壁に纏うことで住宅の質をさらに格上げし、さらに品格ある佇まいを実現します。

RUIZ_50

RUIZ_50

VINTAGE FEEL Line Up

CROSSWISE PRO

縦横無尽に施されたスクラッチ模様が映えるクロスワイズプロ。

ファッショナブルなカラーと相まって、空間をクラシックでありながらモダンに引き締めます。

ヴィンテージ風のデザインを取り入れたタイルの先駆け的存在です。

ROMANA

ヒストリカルなローマの遺跡をイメージした色調と風合いが美しいロマーナ。

焼き方に工夫を凝らした還元焼成だからこそ生まれたアッシュと呼ばれる味のあるコゲ感が印象的。

昔の石灰窯で焼いた質感を再現した色幅やランダムなムラ感も表情豊かです。

こだわりのフランス貼りとウマ貼りを選ぶことができ、アンティーク感を引き立てています。

MARIDIM SALM

エイジング感と遊び心がミックスされたマリディムサルム。

タイルの表面に、職人の手であえてデコボコの傷をつけ、パウダーをまぶしたような表面感や色幅の濃淡を実現しました。目地は、ラフに仕上げ、自然な経年を感じさせる味わいを演出しています。

logo_sunclay.png

BACK NUMBER

stessa-verde.jpg
03-top.jpg
img1.jpg
top.jpg
Raw-Edges_2.jpg

aiuは、タイルや素材の原点にある「焼きもの」のいろはを学んだり、まつわる様々な景色を旅しながら、その素晴らしさをご紹介していく新たな情報ツールです。

INSTAGRAM FEED

Follow us on instagram

logo_hiratatile-1.png

© 2020 by HIRATA TILE CO., LTD.

aiu1.jpg
DSC01968.jpg
DSC03225.jpg
catino.jpg
08_img.jpg
  • Instagram
  • Facebook
  • Pinterest
  • Houzz